志望動機は例文を活用しよう【意思が如何に固いものかも判定する】

コンテンツ一覧

苦手なところが分かる

作文用紙

何度も訂正してうまくなる

受験には作文を提出することがあります。また、どうしてその学校に入りたいのか、志望動機を提出することもあるはずです。同じような成績の人がいるのなら、文章が上手な人を採用することもあるので、志望動機作成には手を抜かないようにしましょう。作文を書くのも志望動機を書くのも苦手な人はいるものです。このような人はとにかく練習をするしかありません。例文を参考にして一部を変えてみるなど、工夫をしてみましょう。例文は面接や作文などの書籍が書店で売っているので、そちらに載っていることがあります。もしくはインターネットで志望動機の例文サイトなどを検索してみるのもいいかもしれません。こうして一人で練習をしていても全くうまくならない場合には、添削講座を利用してみるのも一つの手段です。プロの指導者が志望動機の作文を添削してくれます。どこがどんなふうにダメなのか、細かく指摘してくれるので、ダメなところがすぐに理解できます。苦手な言い回しなどもだんだん分かってくることでしょう。また、丁寧な添削講座なら、添削者が例文を提示してくれることもあります。その例文と自身が書いた志望動機を比較してみましょう。どんなところが違っているのか見えてくるはずです。もちろん例文をそのまま採用するわけにはいかないので、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。こうしていくうちに、自身の苦手なところも克服できるようになります。そうすれば、志望動機もスラスラを書けるようになってくるはずです。

Copyright© 2018 志望動機は例文を活用しよう【意思が如何に固いものかも判定する】 All Rights Reserved.